銀行と消費者金融

カードローンを利用する際
まず悩む壁は
銀行にするか、消費者金融系で借りるべきか
その二択というのは実際迷いますし、どういった基準で選定すれば良いか
普通の方は迷うのは当然です。

具体的に分けて2種類

実際に借りるのに選定方法として基準に置くべきは二種類です。

1.金利に重点を置くか。

何に変えても金利を抑えたい・長期利用を計画に置いている。

そのような方は金利をなるべく抑えられる可能性が高い銀行系での申込みに適しています。
通常、消費者金融の金利相場として
大体4.0%~18.0%までの金利幅に決定づけられているところが多いです。
勿論、申込先にも寄りますが相場として大体この辺りを念頭に置いておくことが得策です。
対して、銀行系の相場として1.8%~14.5%迄の金利適応されることが多く
この相場感で検討しても、銀行系が金利に特化していることがよくわかります。

 

2.融資までの早さで選ぶべきか。

対して融資までの早さというのは消費者金融系の強さでもあります。
金融関係のことに関してなので、確約的なことは申し上げにくいのですが
最短即日、審査結果はWEB申込後に電話連絡にてこちらから申請すれば
審査結果を口頭で伝えてくれる早さも魅力です。
場所によってはサービスの一つとして、設けている消費者金融もある程です。

Totalで比較して、自身に合った方を選択する。

上記の条件を加味して、自身が今どちらの方を求めているか。
試用期間は長期的に見ているか、短期的に手持ち金が必要なだけなのか。
カードローンといってもローンという融資方法なので、長期的に考えて
無理の無い返済と、事前に計画を持った方法で借入れ希望をされることをおすすめします。

 

 

投稿日:2018年1月19日 更新日:

Copyright© カードローンde借りる.com , 2020 All Rights Reserved.