借入限度額で借りたい方が知るべきカードローンの仕組み - カードローンde借りる.com

カードローン キャッシング 借入れ 借入限度額

借入限度額で借りたい方が知るべきカードローンの仕組み

投稿日:

借入限度額で借りたい方が知るべきカードローンの仕組み

カードローンを申込みたい
あるいは
カードローンを既に申し込んでおり、限度額を上げたい

そう考えている人に理解頂きたいのが
借入限度額の上限まで借りることはかなり難しいということです。

例えば限度額1000万円の銀行カードローンがあったとしましょう。
この1000万円という金額で借りれる人間は一握りです。

ましてや、申込みの段階で希望限度額を上限にしてはまず審査も通らないといった事態に陥ります。

これからカードローンの申込みをする方で、なおかつ限度額を気にしている方(なるべく多くしたい方)
は、あえて最初に希望額より低く見積もって申込みをすることがコツです。

そもそも限度額というものを単純に考えると
銀行側、消費者金融側が貸してくれる金額の上限です。

勿論、利用するユーザーによって限度額は異なります。
この限度額という部分で、借入れ初心者の方はまず年収のみをピックアップしがちです。
例えば年収500万円の方が
私は年収が500万円あるので、その半分の250万円なら借りれるんじゃないか?

そう考える人も少なくありません。
先に答えを申しますと、答えはNoです。

借入れには、貸金法が適用されてますので
年収の3/1以上の借入れは原則できません。

近年の金融業界での動きについて。

銀行カードローンに関しては、総量規制対象外ということで
数年前まではこの利点を活用して、誇大広告が溢れておりました。

その広告を見て申し込んだユーザーが返済不可能に陥るケースというのも多かったのです。
その結果、金融庁が動きを見せて銀行もこのような謳い文句をしてはいけないという指摘が入ったのです。
これ以降、今日まで消費者金融も銀行も広告をしようにも言葉の制限がかかることとなります。

貸金業法と銀行法

なぜ銀行は総量規制対象外かと申しますと、銀行には銀行法というのが適用される為
この決まりに年収の3/1以上の貸付が可能というルールがありました。

現状今も銀行法事態は変わっていないのですが、それを利用してユーザーの安易な借入れをする行為は
厳しくチェックされているようです。

金融ルールの借入限度額への影響は?

 

金融庁の指摘で、銀行でもカードローン商材であると、大きい金額を借りることが
難しくなったのか?
こういった借入限度額への影響として大きいと捉える声もあるのですが
実は、昔から何百万円単位での大口融資は審査がかなり厳しい傾向があり
それはずっと変わっておりません。

では、年収もある程度あり定期的な収入を持っているのにもかかわらず
大口融資を受ける方法は存在しないのか?と言ったら
それは違います。

上記でお伝えした通り
まずは申込みの時点で借入限度額を低く設定し申込みをします。

その後に借りて・返してといったことをある程度繰り返します。

この意味は、基本的に貸金業界というのはユーザーの信用で成り立っております。
一度貸付を行ったユーザーが完済していたら次も貸してくれます。
そして「この方は信頼があるので、もう少し多く貸しても問題ない」と判断してくれます。

銀行や、消費者金融によっては
この利用実績の洗い出しのタイミングで優良ユーザーには増額の連絡を送ります。

そのときに借入限度額を上げることが可能になってきます。

こういった仕組みを理解して、上手に利用するのが
カードローンやキャッシングの賢い利用方法となります。

限度額の増額にも前向きなおすすめカードローン

SMBCモビット
モビット

即日融資も可能な大手!
※審査によってはご希望に
添えない場合があります。

プロミス
プロミス

30日間無利息0円
即日振込みキャッシング

プロミスレディース

大手で更に女性特化!
安心借入キャッシング

キャッシングのフタバ

女性の借入れに特価
バレずに借入れ

借入限度額いっぱいで借りたい方が知るべきカードローンの仕組み

-カードローン, キャッシング, 借入れ, 借入限度額
-,

Copyright© カードローンde借りる.com , 2020 All Rights Reserved.