借入れ

借入限度額について。

投稿日:2018年2月21日 更新日:

2010年6月18日
この時に貸金業法が完全施行となりまして
上限金利の引下げ及び総量規制というものが導入されることとなりました

この総量規制というものは原則的に年収の三分の一以下しか貸し付けをしてはいけないという
ルールであって、例えば年収が400万円の方であれば133万円が上限
年収が500万円の方であっても上限は最大166万円
年収が300万円の方なら100万円といったかたちで、これ以上の借入れが困難となっております。
しかし、銀行であると銀行法というものが適用されて
総量規制というものの影響を受けない所謂【総量規制対象外】という言葉が生まれました。

しかし近年、金融庁の動きによって
この貸し付け問題がピックアップされており
銀行であっても過度な貸し付け・安易な借り入れの助長等が厳しくなり
借入れというもののハードルが高くなったように感じます。

借入限度額そのものは今も昔も変わらず

ただ、借入限度額に関して言えば
総量規制対象外である銀行でも、元々上限なしということではもちろんなくて
契約年数や返済状況・貸し付け金額等が総合的に見られて初めて限度額というものが上がっていくスタイルです。
なので、最初からカードローンの規定上限MAXでの借り入れというのは
どの時代においてもまず無理だと思っておいたほうが良いでしょう。

限度額の上げ方には段階がある。

カードローンの限度額に関して言えば
例えば最初に申込みから契約をしたとします。

その時点では10万円~100万円程度というのが相場のようです。
※年収により異なる

ここがスタートラインと置くのが良いでしょう。
そこから借入れを利用していきます。
そして借りた翌月以降から返済という工程が付いてきます。
ここで適用金利に基づいた金額を返済していく形になります。

適用金利については、限度額指標となっており
限度額が高ければ高いほど、金利が下がり返済としては楽になります。

なので、最初の段階では適用金利は上限金利に近い形での返済となるのが一般的です。

ただ、この中でもカードローンの商材でおまとめローン・借り換えローンと呼ばれてるものがあり
それを契約することで融資額が多額になり、他社からの借り入れ金を一本化して
他社よりも低い金利【契約するおまとめローンによって高くなることもある】で
1社返済をしていくことが可能になるわけです。

 width=

キャッシングのフタバ詳細

他社借入れが4社以内の方が対象という異例の受け口の広さ。

・通常ではかなり希少な条件を設けており、審査が心配な方や借入れ先が見つからず困っている方に最適。
・ご利用は最大30日間無利息。
・確認はメールでの連絡あり※電話の場合でも個人名でかけてくれるのでバレずに安心

■借入れにオススメのキャッシング

■キャッシングのフタバ■ここがおすすめ!

■金利:14.959%~17.950%
■最大融資額10万円~50万円
30日間無利息

中小規模の中では申込数が圧倒的な安心借入れ。
保証人・担保不要.Webからすぐ申込可能

 

-借入れ
-

Copyright© カードローンde借りる.com , 2020 All Rights Reserved.